« ITベンチャーの闇? | トップページ | 頭隠して尻隠さず~リストラの後遺症スパイラル~ »

2006年1月26日 (木)

「本物」はいずこに?

ホリえもんを小菅の住人にした東京地検に、投資家?から抗議が殺到しているという。

目先の銭儲けのためなら社会道徳も糞もない、現代の世相を表す出来事ではある。ネットで株の売買をしている、いわゆるデイトレーダーと呼ばれる人種はこういう思考回路なんだろうか。

ヤフーファイナンスの滋賀新聞の親会社に関する掲示板も似たような傾向。人の不幸に付け込んだ、目を疑いたくなるような内容をこの会社への投資理由にしている向きも少なくない。生扉もこの赤外線センサーメーカーも、「信者」と呼ばれる個人投資家が多いらしいが、ハイテク成金が牛耳る会社でなぜこのような現象が起きるのか

ガサ入れがあった時に「投資家の保護云々」と言った政治家センセイがいたが、冒頭の地検への抗議電話やホリえもんへのブログへのコメント内容を見ていると、投資家の思考回路を矯正する方が先決と思えるのは私だけか? 基本的に株でも小豆でも、相場に金をつぎ込んだ結果は自己責任というのが世の習い。ロー(ノー)リスク・ハイリターンなどというのは、金融商品はおろか通常のビジネスでもまずあり得ない。こういう前提を無視して、「ちょっと利息のいい銀行預金」みたいな感覚で株に金を突っ込んでいる層が大半ではないのか。まあ、銀行預金にしたって、銀行が突如「高金利」を売り物にし始めるのは、破綻の前兆現象の一つ。「その会社のやっていることがまともかどうか」すら判断できずに投資判断をしている例があまりにも多いのではないか。

社会人になりたての頃「本物を見なさい」と、物事の本質を見極めることの大切さを説いた先輩の言葉が、なぜか思い出される。

-------------------------------------------------

話題は変わるが、植草氏の教壇復帰、各社「手鏡」という言葉が見出しに踊りそうな予感が・・。本当にそうなら整理記者の重症ボキャ貧を象徴する出来事だ。この世界も「本物」がどこかへいってしまった気がしてならない。

|

« ITベンチャーの闇? | トップページ | 頭隠して尻隠さず~リストラの後遺症スパイラル~ »