« さあどうする? | トップページ | げに恐ろしきは文字コード也 »

2006年5月25日 (木)

怪デムパゆんゆんw

お前さんそのものが一種のデムパだろうという突っ込みは取りあえず置いておくw

《デムパその1》
何気なくネットサーフィンしてたらこんなもん見つけたんだが。
http://dr.nakamats.com/shop/shop.html

この商品、相当前に「ホレモン」とかいう名で売られていたのと同じ物じゃねえのか?
「お徳用」で1発150円か。お悩みの方には安い買い物だろうがね。
私は畑は持っていないし、我が家のキノコの不作は対応策無しなんで無用。つうかそんな金あったら別の為に使う。

例の靴と一緒で限りなくバッタモンに近いのだろうが。買う人間本当にいるのかね?

《デムパその2》
このブログでも取り上げた、滋賀新聞社長がスポンサーになっている自称「市民派政治家志望者」も、このところデムパ撒き散らし状態。
http://mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000160605230001
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20060523/lcl_____sga_____005.shtml

「政策協定なんぞ要らんから票だけよこせゴルア!!」かよ。まあ人の横っ面札束で叩けば言う事を何でも聞くと本気で考えている、滋賀新聞社長の卑しい根性丸出しの行動だなw自民だろうが共産だろうが、「選挙協力はギブ&テイク」が基本なのは同じなんだがね。そういうこと分かる人間選対にいないのかよ。つうか候補者自身の常識が疑われる行為だがね。
揚げ句の果てにこの政治家志望者の「本尊」である社民にも同じような行動取ってるし、何考えているんだか。

あまりデムパ撒き散らすと、琵琶湖の環境問題真面目に考えている人間まで同じ目で見られかねないつうの。そろそろ誰かが猫の首に鈴を…って無理だな、やっぱり。

《デムパその3》
件のマスコミ関連某産別組織委員長も、このところブログでデムパ丸出し。

某地方紙の組合結成に行っている間、「離島でネット環境がないからブログは書き込めん」とか平気で言うしな。あの辺りの離島のネット環境、ダサイタマ県の農村部よりよっぽど進んでるっつうの。
相手の労組に失礼だし、こういう根性だからいざって時に負け戦ばかり続いてるの分からないんだな。
某通信社一部社員特有のねじ曲がったエリート根性から発せられる、デムパ丸出し。こちらも見苦しい。

|

« さあどうする? | トップページ | げに恐ろしきは文字コード也 »