« 基本的なこと | トップページ | 【お知らせ】本ブログは移転しました »

2006年6月24日 (土)

三つ子の魂百まで

都教委が学力低下に歯止めを掛けるべく、義務教育課程で最低限学んでおくべき内容を、「東京ミニマム」としてガイドライン化するという。

http://book.jiji.com/kyouin/cgi-bin/edu.cgi?20060621-4
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/news/20060622ddlk13040260000c.html

小学校ならば「卒業までに九九ができるようにする」ことなどが盛り込まれるとか。
私のリアル消防時代は2年生で九九をやったはずなんだが…今の小学校って、一体6年間何やってるのかね。

愚弟が高校進学する時期だから20年近く前になるが、私の実家のある地域で「教育困難高校(ドキュソ高校ともいう)」として知られる某高1年の数学授業は、「九九の復習から始まる」という噂がまことしやかに流れたことがあった。現状はこれより深刻化しているのだろう。家計の面で相当無理をしてでも、義務教育段階から私学に通わせる親が増えているのも頷ける。

そう言えば、「格差社会の象徴」として取り上げられることが多い都内某区では、中学校の学区選択制を導入した時に「一人も進学希望者がいない中学」が出たことがあった。ここの区長、最近いや「格差社会の象徴」報道に噛み付くが、公立校が地元から全く信用されていないという事態にどう対処するのか、区役所ホムペなどに掲載されている「見解」からは全く読み取ることができない。

三つ子の魂百までの例えもあるし、公教育をどうしていくのかが問われているはずなんだが、弱点を突かれた件の区長は完全に事の本質を見失っているようにも思う。

|

« 基本的なこと | トップページ | 【お知らせ】本ブログは移転しました »