2006年6月 7日 (水)

銭ゲバの末路

「カネさえあれば何でもできる」と本気で考えていた元通産官僚が、昨日お縄になった。検察が逮捕を急いだのは、恐らく某指定暴力団の武闘派&経済ヤクザ絡みの資金洗浄疑惑があったせいだろうし、まあ予定調和というべきか。兜クラブでの最後の会見で、あの元官僚は確実に男を下げたがね。

で、私に身近な方の、「滋賀新聞社長の寄生虫」としてこのブログでも何度も取り上げた銭ゲバKBS役員経験を持つ滋賀新聞幹部のことを調べているうちに、いろいろと面白いことが分かってきた。(本稿は過去の民間放送年鑑を出典としている)

この男が古巣の新聞社からKBS京都の役員として出向したのが、1995年。KBS京都に会社更生手続き開始の決定が下ったのは94年の暮れ近くだから、まさに苦難の道を歩き始めたばかりの時に役員に就任したことになる。KBS京都時代の風評は、その後のこの男の行動を考えると事実もしくは限りなく事実に近いだろうから、再建途上のローカル民放を食い物にしていたとんでもねえ野郎ということになる。まあそんな人物だから、滋賀新聞で役員よりはるかに高い禄を食んだ上に、趣旨のよく分からない高額の原稿料を知人に払わせたのも当然。本来債権者や株主への補償に回る金が「政治資金」へ化ける過程に関与したとしても不思議ではない。
ちなみに、滋賀新聞の社内委員会で「問題のある原稿料支出先」とされた相手の一つに、この男のKBS京都時代の部下が社長を務める会社があることも、後日のため明らかにしておく。

例の「自称市民派の政治家志望者」とこのKBS元役員との関係に関して疑いを抱かざるを得ない記述も、「民放年鑑」にあった。
この男がKBS京都の役員に就任して間もなく、当時滋賀県立琵琶湖博物館に勤務していた政治家志望者の上司に当たる人物が、KBS京都の番組審議委員に就任しているのだ。この上司、政治家志望者との共同研究・著作も数多く、極めて親密な関係と見ていいだろう。そしてこの琵琶湖博関係者、元役員がKBS京都を去った後程なくして、番組審議委員のメンバーから消える。これって単なる偶然かね。政治家志望者と元KBS役員との太いパイプを指摘する見方を裏付ける内容の一つであるようにも思う。

滋賀新聞のこと、調べれば調べるほど過去の因縁めいた話が浮かび上がってくる。

|

2006年6月 1日 (木)

大はしゃぎもほどほどに

かのメディア関連某産別組織のトップが、このところまた自身のブログで馬鹿騒ぎ大はしゃぎである。

南の方の某地域紙での労組結成や特殊指定問題を受けてのようだが、私が以前から指摘している「大手紙の販売攻勢という名の弱小紙いじめ」に関しては相変わらず口を閉ざしたままだが、こっちはどうなったのかね? この問題、新聞業界では今に始まった問題ではないが、本来ならば特殊指定と併せて考えねばならない問題のはず。この人物共同労組出身だし、「大手紙と共同加盟社以外は新聞社に非ず」と本気で考えている可能性(前述の某地方紙の労組結成は、単なる上納金確保手段?)も否定できんしなあ…。

地域紙の存立に関わる問題は、その多くが未解決だ。何度も言うが、この点に関して例の組織はきちんとした産業政策を立てるべきだ。もう遅きに失した可能性も高いが。
多くの弱小紙は「組合ごっこの為に高い上納金払ってるわけじゃねえぞゴルア」というのが本音のはず。滋賀新聞社長絡みで再び浮上した、「メディアのトップと政治の関わり方」も、弱小紙の存立に関わる重要な問題だが、この問題も各産別組織ともなぜか避けている。

新聞に限らず、メディア関連各産別組織のトップの質、年を追うごとに悪化の一途を辿っているような気がするのは、漏れだけか。単に年を取ったせいではないような気もするが。

|

2006年5月27日 (土)

げに恐ろしきは文字コード也

このブログと相互リンクさせて頂いている、私がいろいろとお世話になっているdona222さんのブログ「寝ない人雑記」で、多言語混植のホムペで苦労された話が紹介されている。

地方紙に勤めていた頃は、日本語の文字コード処理(整理記者稼業の傍らシステムの面倒も見ていた)だけでも頭を抱えていたのに、いくらユニコード全盛のご時世とはいえ多言語混植のホムペ作りはさぞかし大変だったこととお察し申し上げる。(お忙しそうですがせめてちゃんと寝てくださいね>dona222様)

で、新聞社にとっても文字コードって鬼門なんですよ。システム部門や校閲部門では特に。

Windowsの内部で使われる文字コード(リンゴマークは知らん)、Windows2000まではJISコードベースで、XPになったら「ユニコード」と呼ばれる規格に変わっていること、少しパソコンに詳しい人なら知っている人も多いのではないだろうか。この2つのコード体系、実務上は全く互換性がないと言って良い。実は、このことが新聞製作の現場でいろいろと問題を引き起こしている。「ユニコード」の方が扱える文字の数は多い。そしてどうなるか。固有名詞でよく使われる文字が化けるのである。

いまはどこの新聞でも、記者は自分でパソコンの画面で記事を入力して送稿してくる。で、Windowsのバージョンが統一されていないと、非常に厄介な問題が起きる。小さな新聞社では、製作システム内部の文字コードはまだJISコードベースのところが多い。するとどうなるか。最悪の場合、数千字が化けてしまうのだ。しかも、化ける文字の中には「はしごだか」「たつさき」(私はWindows2000使いで、このブログの草稿は普通のテキストエディタ使ってるから、漢字が出ないんだよ)のような、固有名詞でよく使われる字種が多く含まれるから始末が悪い。

普通はこういう使用頻度の高い文字は外字扱いで登録しておくのだが、WindowsXPだと普通の変換で出る。で、そのまま入力して送信→受信したら違う文字に化ける→紙面事故発生という経路をたどる訳だ。

歴史がある気の利いた記者用ワープロだとこの辺の処理はきちんとしているのだが、中小新聞向けの新聞製作ソフトにバンドルされている某社製のソフトは、この辺の処理はお構いなし。記者が入力した文字コードをそのまま機械的に処理して垂れ流してくるから、滋賀新聞では「数千字の文字化け」が発覚するという事態が発生した。
「ユニコードでは標準仕様として備わっているが、JISコードでは扱えない文字」は〓に変換するか、製作システムで用意した該当する自社外字に変換するようなフィルターかませば済む話なんだが、文字コード処理に疎い人間が開発するとお粗末な結果が待ち構えている。

パソコン入力された文字は正しいという前提で校閲部門が簡素化されているし、変な文字に化けた場合、それが固有名詞の一部だったりすると発見は困難。

新聞社のシステム担当者にとって、文字コードの問題って結構頭が痛いのだ。
こういうこと教えてくれるシステム関連の専門家もあんまりいないみたいだしな。

いつになるか分からないがこの項続く。

|

2006年5月25日 (木)

怪デムパゆんゆんw

お前さんそのものが一種のデムパだろうという突っ込みは取りあえず置いておくw

《デムパその1》
何気なくネットサーフィンしてたらこんなもん見つけたんだが。
http://dr.nakamats.com/shop/shop.html

この商品、相当前に「ホレモン」とかいう名で売られていたのと同じ物じゃねえのか?
「お徳用」で1発150円か。お悩みの方には安い買い物だろうがね。
私は畑は持っていないし、我が家のキノコの不作は対応策無しなんで無用。つうかそんな金あったら別の為に使う。

例の靴と一緒で限りなくバッタモンに近いのだろうが。買う人間本当にいるのかね?

《デムパその2》
このブログでも取り上げた、滋賀新聞社長がスポンサーになっている自称「市民派政治家志望者」も、このところデムパ撒き散らし状態。
http://mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000160605230001
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20060523/lcl_____sga_____005.shtml

「政策協定なんぞ要らんから票だけよこせゴルア!!」かよ。まあ人の横っ面札束で叩けば言う事を何でも聞くと本気で考えている、滋賀新聞社長の卑しい根性丸出しの行動だなw自民だろうが共産だろうが、「選挙協力はギブ&テイク」が基本なのは同じなんだがね。そういうこと分かる人間選対にいないのかよ。つうか候補者自身の常識が疑われる行為だがね。
揚げ句の果てにこの政治家志望者の「本尊」である社民にも同じような行動取ってるし、何考えているんだか。

あまりデムパ撒き散らすと、琵琶湖の環境問題真面目に考えている人間まで同じ目で見られかねないつうの。そろそろ誰かが猫の首に鈴を…って無理だな、やっぱり。

《デムパその3》
件のマスコミ関連某産別組織委員長も、このところブログでデムパ丸出し。

某地方紙の組合結成に行っている間、「離島でネット環境がないからブログは書き込めん」とか平気で言うしな。あの辺りの離島のネット環境、ダサイタマ県の農村部よりよっぽど進んでるっつうの。
相手の労組に失礼だし、こういう根性だからいざって時に負け戦ばかり続いてるの分からないんだな。
某通信社一部社員特有のねじ曲がったエリート根性から発せられる、デムパ丸出し。こちらも見苦しい。

|

2006年5月22日 (月)

さあどうする?

「オーマイニュース日本版」の編集長は鳥越俊太郎氏だそうな。
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20060523k0000m040042000c.html

某「マスメディアコンサルタント」を自称する人物をはじめ、滋賀新聞関係者でばら撒き金のおこぼれに与ろうと必死だった面々の運命はどうなるのか? それで新たな利権に食いついたのか? いずれにせよ情けない限り…。

鳥越編集長の初仕事は胡散臭い面々の整理整頓だったりしてなw
いずれにせよいかがわしい連中の影消さないことにはメディアとしての認知は困難。私的にはすでにルビコン河を渡ってしまい、もう取り返しがつかなくなっているようにも思う。

そういえば鳥越氏は京大卒。13億の金に群がってる面々には京都と関わりのある人物が多いのだが、単なる偶然だろうか?

|

2006年5月20日 (土)

私はなぜ憤ったのか

「市民派の政治家志望者」なら、『李下に冠を正さず』という言葉の持つ意味を良く考えるべきだろう。

ご参考までに、滋賀新聞破産財団の状況をご紹介しておく。

残余資産は215万円余。それに対して第一義的に支払義務のある税金など「公益債権」が188万円余差額は30万円に満たない
2億円近い一般債権に対する配当なんざ逆立ちしたって不可能。

ちなみにこの数字の現れ方、「自分の手元に資産を残して会社の資産をゼロにする」手口の典型で、中小企業やオーナー会社の計画倒産時によく見られるんだがね。

そういう人物から活動資金&選挙事務所提供の便宜を受けて「市民派の政治家志望者」と称すること、何となく胡散臭く感じるのは私だけだろうか。本来株主や債権者への支払に充てられる金が政治資金に化けたこと、当事者は知っているはずだ。
資金面などの仲介役をを果たしているとされる、ある滋賀新聞幹部との関係は、この幹部の前々職にあたる某新聞社事業担当時代からという。ならばこの人物の風評についてもよく知ってるはずだ。「市民派」ならそういう人物は普通遠ざけるよな。

この政治家志望者が「カネ自体には色はない。綺麗も汚いもない」などと某競艇王のような考え方をしているなら、「市民派政治家志望者」の看板は即刻下ろすべきじゃないのかね。

あと、この人物の支持者の中に、滋賀新聞の「不透明な原稿料支出の相手先」として、社内で調査対象になりかかった人物が名を連ねていることも付記しておく。てん末はご推察の通り。

|

2006年5月17日 (水)

【続】幽霊の正体見たり枯れ尾花

先日、滋賀新聞の債権者集会が大津地裁で行われた。
関係資料に目を通す機会もあり、当日の小林徹社長(一部上場のオプテックス社長)ら滋賀新聞幹部が取った態度を含め、後日改めて考察を加えたい。

あちこちに探りを入れる中で、滋賀新聞の不透明な金の流れに関するヒントがつかめた。まずこちらを先に取り上げようと思う。オーマイニュース関連の問題点整理も残っているしな。

あらかじめお断りしておくが、これから先に述べる内容については、某法規の規定もありいつも以上に「分かる人だけ分かる」難解な書き方にさせていただく。今年7月3日以降のできるだけ早い時期に、平易な書き方に改めた上で再度掲載することを、ご了承願いたい。分かる人ならこの部分だけで、私が言わんとしていることの凡そは察しがつくはずだ。

昨年の秋口、滋賀新聞に死刑宣告が下されるほんの数日前のこと。大津プリンスホテル近く、元はオプテックス本社だった滋賀新聞ビルを、一人の年配の男性が訪れた。
「社長さんはいますかな?」
たまたま受け付け近くにいた私が声の主の方に目を向けると、どこかで見かけた顔だ…それが国松滋賀県知事と気付くまで、数秒掛かった。社長は非常勤で、特段の用がないと会社に来ない。いつの間にか常勤役員も姿を消している。
事の重大さに気付いた総務の担当者が慌てて幹部を探し回る。やがて現れたのは、このブログでもさんざん槍玉に挙げている、KBS京都常務時代にとかくの風評があった編集幹部だ。この時、国松知事との応対役を務めたのはこの男である。

ちなみにこの時の国松知事、ごく普通の背広姿で、一緒にいたのは運転手風の男性。恐らくお忍び。
数十分後、国松知事はやや憮然とした表情を浮かべて滋賀新聞ビルを後にした。

この時、「一県の知事に何たる無礼な対応を会社は取ったのだ」という疑問が残った。通常なら、事前に役員の誰かに来意が伝えられているはずだから。
この疑問、7月2日に行われる予定のあるイベントに名乗りを上げた人物の顔ぶれを見た段階で氷解することとなる。

で、話は滋賀新聞の創刊当初に遡る。
大津からは遠く離れた滋賀県内のある町(現在は町村合併で市になっている)で、地元ゆかりのある歴史上の人物を切り口にした地元学に関するシンポジウムが開かれた。メーンのコメンテーターを勤めたのは、大津在住の某大学教授兼公的機関の研究員。
郷土の歴史を住民らに再認識してもらう狙いや町おこしの意味もあるから、この手のイベントは現在では大して珍しいものではない。実際このシンポも、行政の理事者で出席したのは首長ではない。言い方は悪いがその程度のもんである。

ところが滋賀新聞、このシンポを1個面を費やした特集の形で取り上げる。念の為申し上げるが、当該シンポは滋賀新聞の主催事業ではない。しかも、取材に赴いたのは、滋賀新聞の紙面を事実上仕切っていた、KBS京都常務の経歴を持つ、知事の応対をした編集幹部である。何でも「メーンコメンテーターとは大の仲良し」というのがその理由だ。
このメーンコメンテーターの名前を、私はあるところで目にする。「ある人物」の対抗馬としてだ。「ある人物」と滋賀新聞社長は折り合いが悪いとの噂がもっぱら。おまけに滋賀新聞社長、「とある世界への進出意欲が極めて旺盛」という人物評も半ば定着している。この評判、滋賀新聞創刊時のもろもろの交渉ごとを暗礁に乗り上げさせた原因の一つなのだ。

そして件の編集幹部、滋賀新聞廃刊前後からさまざまな問題や疑惑が指摘されているのにも関わらず、社長以下滋賀新聞の経営陣はそれらを不問にしたばかりか、この幹部の言う事をほとんど無条件に受け入れる有様で「どっちが部下かが分からず、情けない限り」という声も聞こえてくる。その関係は今も続いているという説もあるが、今年に入ってからの諸々のトラブルを見ていると、十分考えられる話だ。

で、そのコメンテータ絡みのある一件のスポンサーがどこぞの経営者で、その仲を取り持ったのが…。という話らしい。

本当なら、「滋賀の財界総理」自ら滋賀県財界の対外的信用を地に貶める行為である。

|

2006年5月 7日 (日)

落とし前はつけろ

滋賀新聞(破産)の社長が20億円と言われる個人保証を被るきっかけとなった、大津市内の分譲マンションが売り出し後3年近くたって、ようやく「完売御礼」がホムペに出た。
まあ山科に近いとはいえ生活の便や環境は決して良い所ではないし、「デザイナーズマンション」の典型的悪例といえる「見栄え重視、住まい勝手徹底無視」の設計だったから、長い間店晒し状態だったのは当然。昨年以降は分譲開始時の半値を大幅に下回る金額で投げ売りする状態が続いていた。

で、このマンションは滋賀新聞社長に名義が移っているという話もあるのだが、「完売御礼」で手にした金はどこへ流れるのかね。まさかJR湖西線西大津駅の裏手、琵琶湖を見下ろす高台の高級住宅街にある豪邸に本社がある、とある人物の資産管理会社に入って、「あとは分からない」みたいな話にならないだろうな。

滋賀新聞の大口債権者には自分が立て替えて債務の全額を、自らが社長を務める某東証一部上場企業には債務の60%をそれぞれ支払っているわけだから、ゴミ扱いした一般債権者や株主にもそれなりの償いをするんだろうな。まともな神経持っていればそのくらいの常識はあるよな? まさか、滋賀新聞関係者が関わる外資絡みのネット新聞案件に出資とか、泥棒に追い銭みたいなこと考えているんじゃ…。

この大型連休の谷間に某上場企業株式の出来高が急増しているし、この会社の法人筆頭株主の筈のJPモルガンの株保有について、有報では奥歯に物の挟まった書き方しているのも気になる点ではある。

|

2006年5月 4日 (木)

バカにつける薬

4月26日の拙ブログで槍玉に挙げた、「キャバクラ」を「アルコールを出す飲食店」と言い換えたウマシカ新聞に、「毎日」のこのコラムを捧げる。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/maki200604/

何度も言うが、言葉を扱って飯食っているんだからもうちょっと自覚しろ。
まあ、これからは「弱小紙の記者」「安月給サラリーマン」のことを、「一定額以上の金銭に不自由な人」とでも言い換えるんだな。

「こちら特報部」や「TOKYO発」の看板も下ろせよな、ヴォケ新聞が。

|

2006年5月 3日 (水)

幽霊の正体見たり枯れ尾花

村上ファンドが株買い占め中の阪神電鉄株主総会に向け、役員人事などを提案するようだ。
http://www.asahi.com/business/update/0502/083.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060502it12.htm

前にも書いたかもしれないが、「ヒルズ族」とか言ったって、やっていることは横井英樹とか小佐野賢治とかと同じく、ただの「乗っ取り屋」に過ぎない。今回の提案はその本性発揮だ。
いくつかのブログなどでも指摘があったが、この株主提案、阪神電鉄株の買い取り交渉が進まないことに対する脅しだろう。村上ファンドの「本尊」とされている某にわか政商、秋の自民総裁選以降は今のように権勢振るえなくなるのは間違いないから、投資資金の回収始めたのか。

そう言えば乗っ取り屋の末路って、私が知る限り哀れなものである。横井はホテルニュージャパン火災で実刑食らうし、国際興業は小佐野の没後に外資の手に渡ってしまった。かの元通産官僚は自身で阪神電鉄の経営に当たる旨発言しているが、万一阪神電車が大事故起こした時に度の面下げて出てくるつもりかね。
「事故は乗務員の責任で会社に瑕疵はありません」「被害者は補償金受けとりゃ文句無いんでしょ」とか、キャリア役人&「札束で人の横っ面を平気で引っ叩く」根性丸出しで発言そうな気がするのは私だけ?

---------------------------------

「札束で人の横っ面引っ叩く」話題が出たところで、ここからはいつも以上のチラシの裏。諸事情のため、分かる人だけ分かる書き方(二階堂ドットコムみたいだなw)するがスマソ。

今、日本のメディア業界で、外資主導の「多額の資金ばら撒きプロジェクト」が進んでいる。

で、この手の案件の定石通り、その資金をめぐって、怪しい人たちが分捕り合戦に参入するわけだ。滋賀新聞某関係者も、おこぼれに与るべく胡散臭い動きを見せている。(その関係で私のところにも情報が入って来るんだが)

滋賀新聞関係者以外でちと意外なのは、普段から高尚な言動で知られ、何かと講演など対外的な活動も多い、公的な肩書きがある某氏が一枚噛んでいるとの説があること。事が露見すれば、その肩書きの関係でいろいろと批判の的になるのは必至。屁理屈並べて正当性主張するのだろうが、みっともないことこの上ない。やっぱり現ナマの魅力には勝てないのかね。

個人的にはこの案件、「メディア版M資金」化すると見ているので、結末がある意味楽しみだ。
某氏や滋賀新聞某関係者の落とし前の付け方含めて。

|