2006年6月 6日 (火)

ちゃんとしてくれ

昨日は何度カキコしようと思ってもうまく行かなかったんだが、やっぱりココログの障害だったか。

http://info.cocolog-nifty.com/info/2006/06/post_a858.html

最近niftyはしょうもないトラブル多すぎ。パソ通時代からのユーザーとしては情けないぞ。何とかしてくれ。

|

2006年6月 3日 (土)

厄日

朝起きたら、どうやら寝違えたらしく首がちゃんと回らんw 家計の首が回らんのはいつものことだが、リアルに首が回らんのはシャレにならんので速攻で近くの整体院へ。ここの先生、「寝不足で疲れが溜まってるんじゃねえの?」とか言いながら一応動くようにしてくれた。

出掛けに駅前のクリーニング屋に寄って洗濯物出してから、横浜の新聞博物館へ。諸般の事情でここの図書館所蔵の古い新聞年鑑や某紙のマイクロフィルムを調べなくてはいけなくなったためだが、新聞博物館の付属施設と思い込んでいて入場料500円也払って入ったら、図書館利用だけなら入場料要らなかったんだなorz

調べ物が済んで渋谷で別の用事を済ませ、さあ帰ろうと駅の改札に来たら電光板に「【遅延】超ローカル線は人身事故のため上下線に遅れが出ています」の表示。いつもより時間の掛かること。

で、帰宅したら居間のハンガーには出したはずのスーツのズボンが…orz

今年は前厄なんだが、それを象徴するような一日ではあったw

某SNSでは以前から「サッサと方違えしる」「風水もよかんべ」と言われているんだが、皆様お勧めの厄払い方法があったら、どうぞメールにてご教示をm(._.)m

あとniftyはココログ何とか汁! 最近トラブルがメチャクチャ多いし、テンプレート変えたらブログの表示事項が初期化されるって、一体どうなってんの?

|

2006年2月 2日 (木)

メディアは自社のブログくらい管理しろ

エフエム滋賀(e-radio)ホームページの「みんなで書くブログ」の一部コンテンツのコメントに、アダルトサイトのURLがびっしりと書き込まれた上、該当コメントの投稿者欄にアダルト系などいわゆる不適切なサイトへのリンクが張られた状態が、1週間以上も放置されている。今の所ネット上でのメディア報道がないので該当ブログのURLを紹介する(リンク先たどることによって発生した問題の責任は負わないので、各自自己責任でくれぐれもご注意を)。

ブログのコメントに張り付けられたアダルトサイトのURLの多さに、「本当に放送局の公式コンテンツかよ?」と目を覆うばかりだが、問題なのはエフエム滋賀が1週間以上もこの状態を放置していることだ。

最初にこのようなコメントが張られたのが、上記コンテンツでは1月24日ということは確認できた。あるローカル掲示板に、ブログの状況を指摘する書き込みがあったのが30日。その後も状況は変わらない。

ネット上に公開している対話型のコンテンツである以上、この種の荒らし行為は仕方のないことだ。放送局の公式ブログという性質上、こまめにチェックを行い、不適切なコメントやトラックバックを削除することが不可欠になるが、エフエム滋賀は「ブログをただ開設すればよい」という姿勢で、放送局の公式コンテンツの公共性など微塵も思っていないことは明らかだ。そのうちどこかの新聞に「エフエム滋賀公式ブログにアダルトサイトへのリンク。書き込み後1週間以上も放置し、視聴者からの苦情多発で発覚」などと新聞に書かれ、ようやく重い腰を上げることになるのだろう。管理者権限でコメントやトラックバックが消せない仕様のブログだったら、それはそれで大ニュースだが。

読者や視聴者との相互交流を目的に、自社ホームページにブログを開設するメディアが増えている。ストレートニュースの速報をブログで行う社もあるほどだ。狙いはいいのだが、問題はブログや掲示板のような相互交流型コンテンツの特質を、運営者側が良く理解しているかどうかだ。そのための人材や危機意識のないメディアで、エフエム滋賀と同様の例が多発するのは時間の問題かもしれない。

|