2006年5月27日 (土)

げに恐ろしきは文字コード也

このブログと相互リンクさせて頂いている、私がいろいろとお世話になっているdona222さんのブログ「寝ない人雑記」で、多言語混植のホムペで苦労された話が紹介されている。

地方紙に勤めていた頃は、日本語の文字コード処理(整理記者稼業の傍らシステムの面倒も見ていた)だけでも頭を抱えていたのに、いくらユニコード全盛のご時世とはいえ多言語混植のホムペ作りはさぞかし大変だったこととお察し申し上げる。(お忙しそうですがせめてちゃんと寝てくださいね>dona222様)

で、新聞社にとっても文字コードって鬼門なんですよ。システム部門や校閲部門では特に。

Windowsの内部で使われる文字コード(リンゴマークは知らん)、Windows2000まではJISコードベースで、XPになったら「ユニコード」と呼ばれる規格に変わっていること、少しパソコンに詳しい人なら知っている人も多いのではないだろうか。この2つのコード体系、実務上は全く互換性がないと言って良い。実は、このことが新聞製作の現場でいろいろと問題を引き起こしている。「ユニコード」の方が扱える文字の数は多い。そしてどうなるか。固有名詞でよく使われる文字が化けるのである。

いまはどこの新聞でも、記者は自分でパソコンの画面で記事を入力して送稿してくる。で、Windowsのバージョンが統一されていないと、非常に厄介な問題が起きる。小さな新聞社では、製作システム内部の文字コードはまだJISコードベースのところが多い。するとどうなるか。最悪の場合、数千字が化けてしまうのだ。しかも、化ける文字の中には「はしごだか」「たつさき」(私はWindows2000使いで、このブログの草稿は普通のテキストエディタ使ってるから、漢字が出ないんだよ)のような、固有名詞でよく使われる字種が多く含まれるから始末が悪い。

普通はこういう使用頻度の高い文字は外字扱いで登録しておくのだが、WindowsXPだと普通の変換で出る。で、そのまま入力して送信→受信したら違う文字に化ける→紙面事故発生という経路をたどる訳だ。

歴史がある気の利いた記者用ワープロだとこの辺の処理はきちんとしているのだが、中小新聞向けの新聞製作ソフトにバンドルされている某社製のソフトは、この辺の処理はお構いなし。記者が入力した文字コードをそのまま機械的に処理して垂れ流してくるから、滋賀新聞では「数千字の文字化け」が発覚するという事態が発生した。
「ユニコードでは標準仕様として備わっているが、JISコードでは扱えない文字」は〓に変換するか、製作システムで用意した該当する自社外字に変換するようなフィルターかませば済む話なんだが、文字コード処理に疎い人間が開発するとお粗末な結果が待ち構えている。

パソコン入力された文字は正しいという前提で校閲部門が簡素化されているし、変な文字に化けた場合、それが固有名詞の一部だったりすると発見は困難。

新聞社のシステム担当者にとって、文字コードの問題って結構頭が痛いのだ。
こういうこと教えてくれるシステム関連の専門家もあんまりいないみたいだしな。

いつになるか分からないがこの項続く。

|

2006年5月25日 (木)

怪デムパゆんゆんw

お前さんそのものが一種のデムパだろうという突っ込みは取りあえず置いておくw

《デムパその1》
何気なくネットサーフィンしてたらこんなもん見つけたんだが。
http://dr.nakamats.com/shop/shop.html

この商品、相当前に「ホレモン」とかいう名で売られていたのと同じ物じゃねえのか?
「お徳用」で1発150円か。お悩みの方には安い買い物だろうがね。
私は畑は持っていないし、我が家のキノコの不作は対応策無しなんで無用。つうかそんな金あったら別の為に使う。

例の靴と一緒で限りなくバッタモンに近いのだろうが。買う人間本当にいるのかね?

《デムパその2》
このブログでも取り上げた、滋賀新聞社長がスポンサーになっている自称「市民派政治家志望者」も、このところデムパ撒き散らし状態。
http://mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000160605230001
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20060523/lcl_____sga_____005.shtml

「政策協定なんぞ要らんから票だけよこせゴルア!!」かよ。まあ人の横っ面札束で叩けば言う事を何でも聞くと本気で考えている、滋賀新聞社長の卑しい根性丸出しの行動だなw自民だろうが共産だろうが、「選挙協力はギブ&テイク」が基本なのは同じなんだがね。そういうこと分かる人間選対にいないのかよ。つうか候補者自身の常識が疑われる行為だがね。
揚げ句の果てにこの政治家志望者の「本尊」である社民にも同じような行動取ってるし、何考えているんだか。

あまりデムパ撒き散らすと、琵琶湖の環境問題真面目に考えている人間まで同じ目で見られかねないつうの。そろそろ誰かが猫の首に鈴を…って無理だな、やっぱり。

《デムパその3》
件のマスコミ関連某産別組織委員長も、このところブログでデムパ丸出し。

某地方紙の組合結成に行っている間、「離島でネット環境がないからブログは書き込めん」とか平気で言うしな。あの辺りの離島のネット環境、ダサイタマ県の農村部よりよっぽど進んでるっつうの。
相手の労組に失礼だし、こういう根性だからいざって時に負け戦ばかり続いてるの分からないんだな。
某通信社一部社員特有のねじ曲がったエリート根性から発せられる、デムパ丸出し。こちらも見苦しい。

|

2006年5月22日 (月)

さあどうする?

「オーマイニュース日本版」の編集長は鳥越俊太郎氏だそうな。
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20060523k0000m040042000c.html

某「マスメディアコンサルタント」を自称する人物をはじめ、滋賀新聞関係者でばら撒き金のおこぼれに与ろうと必死だった面々の運命はどうなるのか? それで新たな利権に食いついたのか? いずれにせよ情けない限り…。

鳥越編集長の初仕事は胡散臭い面々の整理整頓だったりしてなw
いずれにせよいかがわしい連中の影消さないことにはメディアとしての認知は困難。私的にはすでにルビコン河を渡ってしまい、もう取り返しがつかなくなっているようにも思う。

そういえば鳥越氏は京大卒。13億の金に群がってる面々には京都と関わりのある人物が多いのだが、単なる偶然だろうか?

|

2006年4月27日 (木)

もうどうにも止まらない(呆)

「毎日」で読者組織会員6万5千人余の個人情報が流出
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060427i405.htm
http://www.asahi.com/national/update/0427/TKY200604270212.html
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20102768,00.htm

Shareから流出したってことは、「たんたんタヌキのピー」じゃなくて、ドクロにやられたってことか。
あれ程ファイル交換ソフトはヤバいって言われているのに、「漏れだけは大丈夫だもんね」って高をくくっていた報いだな。
そのうち、新聞社にとって最も機密度が高い部類の情報である、販売店の定数や卸単価一覧表が流出するだろうな。

前線で読者から嫌味や罵声を浴びせられるであろう、販売店の苦労はいかばかりか…。

下世話な例えで女性の読者には申し訳ないが、こういう状況でPC、とりわけ個人情報や業務データ扱うものにP2Pツール入れるのは、そういう店に行って抜き身で事に及ぶのと同じである。

|

2006年4月13日 (木)

株式売買=ギャンブルじゃないの?

本日限りで生扉が上場廃止となった。
で、前から話の出ていた個人株主らが損害賠償求める動きが本格化。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060413-00000112-jij-soci

私は金融商品には興味がないし株も持ってないから(野菜の蕪ならあるぞw)、好き勝手言わせてもらうが、株式など金融関係の投資って、バクチと同じで自己責任が原則じゃないのかい? 生扉問題、壮大なイカサマバクチという面があるのは否めないが、仕手株に手を出して大損こくのは、そんな銘柄を買った方の責任だしな…。
まあ訴訟の行方に注目。

弁護団のホムペにはそれなりの理屈が書いてある。あの大馬鹿者の肩を持つ気もさらさらない。
しかし、「必ずもうかる株」だったらマーケットそのものが成立しなくなるわけで(誰かが損をした分が、儲けの原資になるわけだから)、いわゆる詐欺商法の場合と異なり、あまり同情する気になれないのも事実。新規公開株をめぐり過去に社会問題化した例では、某通信会社とかの例もあるし、そもそも創業して間もない会社の株を買うことには相当程度のリスクが伴う。
株を買う方も「学習機能」働かせろよ、って思うのは貧乏人の漏れだけ?

メディアの世界で言えば、「公営賭博の予想記事が外れて馬券や車券すったのは新聞社の責任だゴルア」と訴え起こされるようなものだ。もっとも、生扉訴訟の行方によっては「公営賭博予想記事をめぐる損賠訴訟」も出かねないが…。

|

2006年3月17日 (金)

「当たり前」が難しい

このブログと相互リンクさせて頂いている「EIN(新聞に教育を)」でも取り上げられた、通称山田ウイルス(正確には亜種の山田オルタナティブ)が、朝日で大きい扱い。
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY200603170294.html

例の4文字ウイルスと異なり、Winnyなどの特定のアプリケーションに依存することがない分だけ悪質だ。対策について専門家は「Windowsを常に更新したり、ウイルス対策ソフトを最新版にしておくなど『当たり前』のことをしておくしかない」と話す。
逆に言えば、当たり前のことをしていない人や組織があまりにも多いということだ。このウイルスの横行、タガが緩みっ放しの現代世相を反映していると言えば穿ち過ぎか。

不良個所を整備せずに運航を続けていたことがまた発覚したIT企業系新興航空会社も「当たり前のことができていない」典型だろう。整備をはじめ飛行機の安全基準が、他の公共交通機関に比べて厳しいのは、いったん事故を起こすと即大惨事に直結するからだ。被害が乗客や乗員以外に及ぶケースも多い。
報道見る限り、ここの航空会社の安全管理体制はそうとうお粗末。IT企業出身のトップは、当たり前のこと分からずに、「バグ残して製品出荷するのが当たり前」というIT会社の常識をそのまま航空会社に持ち込んだようにも思える。

私の今までの、何人かのIT企業経営層の話を聞いたり行動を間近に観察した経験では、彼らは「当たり前のことができない」人の方がはるかに多かった。
「俺は社会保険は大嫌い」と言って、監督官庁の再三の指導にも関わらず従業員に一切の社会保険かけないなど、「ドキュソ」ぶり取り上げたらキリがないくらいだ。

この点ではメディア企業の経営者もあまり変わらないのだけどね。

|

2006年3月 3日 (金)

危ない危ないw

帰宅してPC開けたらこんなメールがw

Subject: 柏木茜です。
    Date: Fri, 3 Mar 2006 19:19:50 +0900
    From: 柏木茜

怪しいサイトへのリンクもなかったが、「新手のスパムかよ?」って思いググッたら案の定

釣られて個人情報送ってしまう例結構ありそうだな。

そういえば、毎日のように騒がれてるのに、キンタマウイルスの被害も一向に無くならない。
私の実家の隣町の信金でも、保守業者とやらが「システムの勉強」と称して抜いていった手形決済関連の情報が流出。ここの町、ライブドア事件でも名前が出た(自主規制1)の本拠地だし、(自主規制2)関連の会社も多い。そもそも(自主規制1)って(自主規制2)の用心棒と言われているし。地付きの人間なら、恐くてこんなデータ触れないが、若気の至りの代償はとんでもなく高くつくんだろうな。

※(自主規制)の内容については答えかねるので悪しからず。

|

2006年2月10日 (金)

「京都経済新聞」復刊断念の深層(一部チラシの裏)

1997年に日刊紙として創刊、その後99年に週刊紙化された末に昨年(2005年)3月に休刊した「京都経済新聞」。その後いったんは復刊が表明されたものの時期が先延ばしになっていたが、発行元のホームページに8日、事実上の復刊断念宣言が掲載された。

http://www.kyoto-keizai.co.jp/modules/news/article.php?storyid=7

この「京都経済新聞」、代表者が滋賀新聞の創刊に深く関わったり、滋賀新聞の一部幹部が廃刊後も京都経済社長と連絡を取り合っているのは知っていたので、一応動向はウオッチしていたが、予想通りの結末である。

以前ホームページにアップされた“テスト版”(現在は削除=読みたい方は私宛メールを=)を見て、「こりゃダメだ」と思った。紙面にバランス感覚があまり感じられなかったのだ。取材対象然り、記事の価値判断然り・・・。紙面づくりが明らかに偏っている。以前このブログで紹介した、京都経済新聞社長も顔を見せていた某大学主催のシンポに来ていた北陸の某地域紙と、京都経済新聞テスト版のPDFを改めて眺めながらこのブログを書いているのだが、その感想は初めてテスト版を見た当時と変わらない。北陸の地域紙は極めてコンベンショナルな作りなのだが、京都経済新聞の方は何かに異常に肩入れしている印象が拭えないのだ。

地方紙の経営を安定させるためには、紙面のバランス感覚が欠かせない。主張すべき所は主張すればいいのだが、他を一方的に攻撃するアジ演説に終始したりするのは、商業新聞ではご法度。滋賀新聞も残念ながらそういう面があったのは事実。大きな部数があっても、特定の勢力を紙面で異常に攻撃するなどのバランス感覚を欠いた紙面づくりを続けるとどうなるか、地域ぐるみでの取材・購読・広告出稿の拒否を喰らった揚げ句に倒産した「日刊新愛媛」の事例が示す通りだ。ましてや京都経済新聞の場合、「広く薄く資本を集める」ということをトップが掲げている以上、紙面のバランスには特に気をつけなければいけないのだが、出来上がった紙面とはそれとは程遠いもの。支援者の腰が引けて出資を渋るのは当然の帰結だ。

京都経済新聞が復刊を断念した翌日、生扉と自民党の合弁新聞社設立構想があったことを夕刊フジが報じた。京都経済はライブドアの報道部門新設を支援していたそうだが、合弁新聞社構想との関係はどうなのか。「報道コンテンツの外販により収益を生む」という考え方、合弁新聞社に関する夕刊フジの記事にも、今後の京都経済新聞社の方針の中にも述べられている。武部氏に渡ったとされる企画書は誰の作なのか。ライブドアの中に、販売や製作などを含めた日刊紙のノウハウ持っている人材はいないだろう。

また、滋賀新聞と社長が同一人物で株主構成も共通する部分が多い、FM滋賀のブログが荒らされたまま2週間も放置されたり、滋賀新聞株主の一部に経営陣を相手取った訴訟を起こす動きがあったりするなど、滋賀新聞周辺でもまた焦臭さが漂い始めている。滋賀新聞やFM滋賀の親会社とも言える某センサーメーカーの株主総会も間近。

京都経済新聞と滋賀新聞、関与した人物には共通するものも多い。その中にはバックに胡散臭い連中が控えている人間もいる。問題の相互に関係があるのかないのか、真相はまだ明らかではない。ただ発覚したタイミングがあまりにも一致しているのは確かだ。

|

2006年2月 8日 (水)

ゴミ袋削減で萌えるのか?

環境省は、レジ袋削減促進の一環として、秋葉原のメイドカフェやヨドバシカメラと協力して、レジ袋を断った客に布製のバッグとスタンプ押したレシートを渡して、それをメイドカフェ持っていくとウエートレスがサインしてくれるキャンペーンを11日から16日まで行うという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060207-00000123-jij-pol

それにしても、ヲタクとレジ袋削減ってちょっと結びつかない。エコロジーヲタクでかつ萌え系に填っているような人なら飛びつきそうだが。サイン欲しさにわざとレジ袋断る客が、この期間だけ増えるのは間違いないところだ。

おまけに、ニューヨークで東京をPRするのにコスプレも登場したようで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060208-00000069-kyodo-soci

大阪がヤクザの街と紹介されているように、東京が「ヲタクの街」とか紹介されたらどうする気なんだろうか(笑)。大阪みたいにイメージアップ対策本部作ったりしてな。

この企画考えた役人もきっと萌え系だな(笑)。ヲタク検定試験のポスターに鳩山由紀夫センセイが登場するくらいだから、霞ヶ関や都庁の役人にもヲタ系の人物相当いるのは間違いない。電博の持ち込み企画だったらもっと笑えるが。

|

2006年1月17日 (火)

IT業界の裏で

0117_gougai_1 東京地検特捜部が、夕方から生扉やホリえもん自宅にガサ入れ。都内では張り出し号外も出る騒ぎに。

http://www.asahi.com/special/060116/TKY200601160226.html

とうとう馬脚が現れたようで。別にホリえもんがIT系の経営者だからって、特別視することはないだろう。錬金術にITが絡んでいるというだけで、ホリえもんの手法、よく見れば横井英樹や小佐野賢治などの古典的乗っ取り屋と共通する部分が少なくない。札束で人の横っ面引っ叩いて、ダボハゼ的に事業を拡大するのも一緒。

そういえばライブドア、私の地元が本来の縄張りの某指定暴力団下部団体の企業舎弟では?という見方が絶えない。ヤクザとIT企業の組み合わせに違和感を覚える向きも少なくないだろうが、実際はかなり多い。弱小企業でこんな例もある。

以前手間賃稼ぎの仕事で、ある県のプチホリえもんとでも言うべき「学生起業家」を取材する機会があった。学生時代にバイトした金を資本に起業というのがサクセスストーリーで、その県の起業促進策の広告塔的な側面もあった人物だ。

ただ話を聞いているうちに「この経営者の仕事の仕方で、株式会社の最低資本金を自己資金で賄うのは無理ではないか?」という勘が働き、また会社の売上高の割に車や住んでいるマンションが派手すぎたのでよく調べたら、おかしな筋との付き合いが分かった。その会社の資本金の多くも、いわゆる893マネーと言うことも分かった。

程なくその会社の実態が行政当局や県財界にも知られ、その会社は県庁所在地を「所払い」されてしまった。893マネーも引き上げられ資金繰りに窮したその会社は現在、あるメディア企業のほとんど実態のない隠れ孫会社になっている。本社を移したときに一旦会社を解散し、移転先を管轄する登記所で新たに資本金1万円で登記し直すということまでやっているのだ。

で、今回のガサ入れの容疑は恐らく別件。実際は893マネー絡み+怪しげなIT系経営者への一罰百戒だろう。あの組の総帥は塀の中だしなあ。

最近子会社上場させたハイテク成金でも、ひょっとしたら・・・

|

より以前の記事一覧