2006年5月20日 (土)

私はなぜ憤ったのか

「市民派の政治家志望者」なら、『李下に冠を正さず』という言葉の持つ意味を良く考えるべきだろう。

ご参考までに、滋賀新聞破産財団の状況をご紹介しておく。

残余資産は215万円余。それに対して第一義的に支払義務のある税金など「公益債権」が188万円余差額は30万円に満たない
2億円近い一般債権に対する配当なんざ逆立ちしたって不可能。

ちなみにこの数字の現れ方、「自分の手元に資産を残して会社の資産をゼロにする」手口の典型で、中小企業やオーナー会社の計画倒産時によく見られるんだがね。

そういう人物から活動資金&選挙事務所提供の便宜を受けて「市民派の政治家志望者」と称すること、何となく胡散臭く感じるのは私だけだろうか。本来株主や債権者への支払に充てられる金が政治資金に化けたこと、当事者は知っているはずだ。
資金面などの仲介役をを果たしているとされる、ある滋賀新聞幹部との関係は、この幹部の前々職にあたる某新聞社事業担当時代からという。ならばこの人物の風評についてもよく知ってるはずだ。「市民派」ならそういう人物は普通遠ざけるよな。

この政治家志望者が「カネ自体には色はない。綺麗も汚いもない」などと某競艇王のような考え方をしているなら、「市民派政治家志望者」の看板は即刻下ろすべきじゃないのかね。

あと、この人物の支持者の中に、滋賀新聞の「不透明な原稿料支出の相手先」として、社内で調査対象になりかかった人物が名を連ねていることも付記しておく。てん末はご推察の通り。

|

2006年5月17日 (水)

【続】幽霊の正体見たり枯れ尾花

先日、滋賀新聞の債権者集会が大津地裁で行われた。
関係資料に目を通す機会もあり、当日の小林徹社長(一部上場のオプテックス社長)ら滋賀新聞幹部が取った態度を含め、後日改めて考察を加えたい。

あちこちに探りを入れる中で、滋賀新聞の不透明な金の流れに関するヒントがつかめた。まずこちらを先に取り上げようと思う。オーマイニュース関連の問題点整理も残っているしな。

あらかじめお断りしておくが、これから先に述べる内容については、某法規の規定もありいつも以上に「分かる人だけ分かる」難解な書き方にさせていただく。今年7月3日以降のできるだけ早い時期に、平易な書き方に改めた上で再度掲載することを、ご了承願いたい。分かる人ならこの部分だけで、私が言わんとしていることの凡そは察しがつくはずだ。

昨年の秋口、滋賀新聞に死刑宣告が下されるほんの数日前のこと。大津プリンスホテル近く、元はオプテックス本社だった滋賀新聞ビルを、一人の年配の男性が訪れた。
「社長さんはいますかな?」
たまたま受け付け近くにいた私が声の主の方に目を向けると、どこかで見かけた顔だ…それが国松滋賀県知事と気付くまで、数秒掛かった。社長は非常勤で、特段の用がないと会社に来ない。いつの間にか常勤役員も姿を消している。
事の重大さに気付いた総務の担当者が慌てて幹部を探し回る。やがて現れたのは、このブログでもさんざん槍玉に挙げている、KBS京都常務時代にとかくの風評があった編集幹部だ。この時、国松知事との応対役を務めたのはこの男である。

ちなみにこの時の国松知事、ごく普通の背広姿で、一緒にいたのは運転手風の男性。恐らくお忍び。
数十分後、国松知事はやや憮然とした表情を浮かべて滋賀新聞ビルを後にした。

この時、「一県の知事に何たる無礼な対応を会社は取ったのだ」という疑問が残った。通常なら、事前に役員の誰かに来意が伝えられているはずだから。
この疑問、7月2日に行われる予定のあるイベントに名乗りを上げた人物の顔ぶれを見た段階で氷解することとなる。

で、話は滋賀新聞の創刊当初に遡る。
大津からは遠く離れた滋賀県内のある町(現在は町村合併で市になっている)で、地元ゆかりのある歴史上の人物を切り口にした地元学に関するシンポジウムが開かれた。メーンのコメンテーターを勤めたのは、大津在住の某大学教授兼公的機関の研究員。
郷土の歴史を住民らに再認識してもらう狙いや町おこしの意味もあるから、この手のイベントは現在では大して珍しいものではない。実際このシンポも、行政の理事者で出席したのは首長ではない。言い方は悪いがその程度のもんである。

ところが滋賀新聞、このシンポを1個面を費やした特集の形で取り上げる。念の為申し上げるが、当該シンポは滋賀新聞の主催事業ではない。しかも、取材に赴いたのは、滋賀新聞の紙面を事実上仕切っていた、KBS京都常務の経歴を持つ、知事の応対をした編集幹部である。何でも「メーンコメンテーターとは大の仲良し」というのがその理由だ。
このメーンコメンテーターの名前を、私はあるところで目にする。「ある人物」の対抗馬としてだ。「ある人物」と滋賀新聞社長は折り合いが悪いとの噂がもっぱら。おまけに滋賀新聞社長、「とある世界への進出意欲が極めて旺盛」という人物評も半ば定着している。この評判、滋賀新聞創刊時のもろもろの交渉ごとを暗礁に乗り上げさせた原因の一つなのだ。

そして件の編集幹部、滋賀新聞廃刊前後からさまざまな問題や疑惑が指摘されているのにも関わらず、社長以下滋賀新聞の経営陣はそれらを不問にしたばかりか、この幹部の言う事をほとんど無条件に受け入れる有様で「どっちが部下かが分からず、情けない限り」という声も聞こえてくる。その関係は今も続いているという説もあるが、今年に入ってからの諸々のトラブルを見ていると、十分考えられる話だ。

で、そのコメンテータ絡みのある一件のスポンサーがどこぞの経営者で、その仲を取り持ったのが…。という話らしい。

本当なら、「滋賀の財界総理」自ら滋賀県財界の対外的信用を地に貶める行為である。

|

2006年1月17日 (火)

IT業界の裏で

0117_gougai_1 東京地検特捜部が、夕方から生扉やホリえもん自宅にガサ入れ。都内では張り出し号外も出る騒ぎに。

http://www.asahi.com/special/060116/TKY200601160226.html

とうとう馬脚が現れたようで。別にホリえもんがIT系の経営者だからって、特別視することはないだろう。錬金術にITが絡んでいるというだけで、ホリえもんの手法、よく見れば横井英樹や小佐野賢治などの古典的乗っ取り屋と共通する部分が少なくない。札束で人の横っ面引っ叩いて、ダボハゼ的に事業を拡大するのも一緒。

そういえばライブドア、私の地元が本来の縄張りの某指定暴力団下部団体の企業舎弟では?という見方が絶えない。ヤクザとIT企業の組み合わせに違和感を覚える向きも少なくないだろうが、実際はかなり多い。弱小企業でこんな例もある。

以前手間賃稼ぎの仕事で、ある県のプチホリえもんとでも言うべき「学生起業家」を取材する機会があった。学生時代にバイトした金を資本に起業というのがサクセスストーリーで、その県の起業促進策の広告塔的な側面もあった人物だ。

ただ話を聞いているうちに「この経営者の仕事の仕方で、株式会社の最低資本金を自己資金で賄うのは無理ではないか?」という勘が働き、また会社の売上高の割に車や住んでいるマンションが派手すぎたのでよく調べたら、おかしな筋との付き合いが分かった。その会社の資本金の多くも、いわゆる893マネーと言うことも分かった。

程なくその会社の実態が行政当局や県財界にも知られ、その会社は県庁所在地を「所払い」されてしまった。893マネーも引き上げられ資金繰りに窮したその会社は現在、あるメディア企業のほとんど実態のない隠れ孫会社になっている。本社を移したときに一旦会社を解散し、移転先を管轄する登記所で新たに資本金1万円で登記し直すということまでやっているのだ。

で、今回のガサ入れの容疑は恐らく別件。実際は893マネー絡み+怪しげなIT系経営者への一罰百戒だろう。あの組の総帥は塀の中だしなあ。

最近子会社上場させたハイテク成金でも、ひょっとしたら・・・

|

2006年1月15日 (日)

大阪府がやるべきこと

海外でも「醜い街」「ヤクザの本場」とか言われている大阪、イメージアップに必死なようで(このネタ昨年秋にも見た記憶があるんだが)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060113-00000160-kyodo-soci

イメージアップ図りたいのは分かるが、府警の不審者メール配信登録に3日間で6万件の申し込みがあったり(http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200601140030.html)とか、判決後の被告が検事に暴力行為(http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200601140014.html)とか、どう考えたって治安がいいという状況ではない。英語版ヤフーの大阪の紹介には、本質を突いた指摘もある。私が滋賀にいたときも、正直な話大阪環状線なんかには乗りたくなかった。

イメージアップ図るなら治安の改善が先。大阪場所での知事の土俵入り問題でもそうだが、大阪府の役人のやること、いつもピントがずれているような気がしてならない。知事の治安問題への姿勢、与党の自民府議からも疑問符を突き付けられている(http://www.gogo-ichiro.com/cgi-bin/diary/nicky.cgi)。

|

2006年1月13日 (金)

ニコンの「良心」

昼に何気なく各新聞社のサイトを見ていて見つけた記事。

一部機種を除きニコンが銀塩一眼レフから撤退だそうだ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20060113k0000m020083000c.html

新聞社でも、若い記者やカメラマンはフィルムの現像や引き伸ばしの経験がない人間の方が多数派を占めるご時世だから、まあ仕方がないか。「新聞社で使うカメラ=ニコン」と言う環境で育った私は複雑な思いだ。ただ、生産を継続する2機種のうち電池が切れても撮影可能な「FM10」が残ったのは、ニコンのモノ作りへのこだわりだろう。報道機関等向けの出張メンテナンス「プロサービス」は残してくれよ。

そうそう、報道向けでもシェアをじわりじわりと伸ばしているニコンのライバルC社だが、同業者に聞くと「売りっ放し」の姿勢が目立つなど、評判はあまりよろしくない。先日、C社のもう一つの報道機関向け主力商品である新聞製作システムでも、西日本某社で正式契約直前に商談をひっくり返されている。ある新聞社に納入した製作システムがカメラと同じく売りっ放しの状態で、バグ取りすらまともにやらなかったことが判明したためだという。

モノ作りの良心持っているのはどっちの会社だろう。片方の会社は、トップの「財界総理」としての発言と現場のビジネスの姿勢が、大きく食い違っているようにも思うのだが。

|